2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【明応の政変】戦国時代の黎明期【信長誕生】

1 :小魔玉  ◆N10JLQ90IM :2007/12/22(土) 18:48:39
ここは戦国時代の始まりとされる明応の政変(1493年)から
織田信長が生まれた(1534年)頃までの時代を語るスレです!!

明応の政変により足利幕府の権威は失墜し、名門守護大名達は
時代の波に呑み込まれ、北条早雲や斎藤道三などの乱世の梟雄達による
下克上を生み、まさに“戦の国”となった戦国時代…

信長誕生以降を語るスレは多けれど、信長誕生以前も内容の濃い話が
満載なので、イロイロな視点から語っていきましょう!!

ちなみに、応仁の乱を勃発させた畠山一族の内訌は、応仁の乱後も続き、
明応の政変の頃も激しい戦を続けていたとか…w

2 :無名武将@お腹せっぷく:2007/12/22(土) 19:47:28
誰もいないので温情で2get

3 :無名武将@お腹せっぷく:2007/12/23(日) 15:27:55
大内
尼子経久
浦上全盛期
宇喜多能家

4 :無名武将@お腹せっぷく:2007/12/23(日) 16:00:50
小大名が乱立していて面白いのは確かだな。

5 :無名武将@お腹せっぷく:2007/12/28(金) 14:09:15
畠山一族ねえ…
あんま知らない

6 :太政大臣九條前関白従一位准三后藤原朝臣具経 ◆ORWyV99u2Y :2007/12/28(金) 17:49:13
応仁以前・三管領の家格
斯波>>>>>>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>>>>>畠山>>>細川

応仁以前・三管領の地位
斯波>>>>>細川>>>畠山>>>四職

7 :小魔玉  ◆..FLAT..J. :2007/12/29(土) 20:28:39
明応の政変(1493年)当時の大名を調べてみると…

○晩年は修験道に嵌ってしまい、大きな混乱を招きながらも
 圧倒的な権力を誇った細川政元。
○大叔父・赤松満佑の反乱により、一族滅亡の憂き目を遭いながら
 赤松家を不死鳥の如く蘇らした赤松政則。
○細川政元、赤松政則のライバルで、山名宗全の息子・山名政豊。
○京より遠く離れた地で版図を広げ、中央にも大きな影響を与えた大内政弘。
○度々失政が目立ちながらも、将軍や公家達を自領(美濃)で庇護した土岐成頼。
○土岐家と同じく、能登に繁栄をもたらしたとされる畠山義統。
○腐っても名門の輝きを放っていた斯波義寛(義良?)。
○各地の混乱に乗じ、多くの門徒を得た本願寺蓮如。

その他に今川氏親、京極高清、朝倉貞景、大友親豊、菊池重朝、島津武久などなど
信長全盛期の時代に負けず劣らない魅力的な大名が多いですw

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)